Skip to content

会社設立による事務負担の増加

会社設立をするメリットはたくさんありますが、事務負担が大きくなるというデメリットもあります。

法人化することによって事務負担は明らかに増加すると考えておくべきでしょう。全て自分で事務処理を行っている個人事業主なら、負担が大きくなってしまうことは視野に入れておいたほうが良いです。例えば、会計処理については、会社法に定められた方法で行わなければなりませんし、申告についても個人の確定申告よりもかなり複雑になります。

その他にも、社会保険や労働保険に関して手続きを行わなけれbなりませんし、会社の組織を少し変えたいと思った時に、いちいち登記事項の変更の手続きを行わなければならないというデメリットがあります。ですから、事務的な負担は非常に大きくなると考えておいたほうが良いでしょう。個人事業主の場合には、個人の分だけ会計処理をしていればよいのですが、会社設立をすると会社の会計処理をするとともに個人の会計処理をしなければなりません。やはり会計処理というのは非常に大変なものです。

これらの処理を会計事務所や税理士事務所に依頼することによって軽減できることはあります。多くの人は会計事務所や税理士事務所と契約をして、会計処理を一任しています。そのためには報酬をいくらか支払わなければなりません。かなり稼いでいる個人事業主であれば、節税のメリットのほうが上回りますが、会社設立をする時点でこれらの費用についても考慮しておいたほうが良いと考えられます。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *