Skip to content

会社設立の日の決まり方とは

会社によっては設立日を記念日としてイベントを行うこともあります。

イベントまでは行わなかったとしても、やはり杵日として大切にする会社も多くあります。設立日を特定の日にしたいという人もいるでしょう。こだわりがある人もいると思いますし、覚えやすい日にしたいという人もいるでしょう。あるいは縁起を担ぎたいという人もいるはずです。では、設立日というのはどのようにして決まるのでしょうか。会社設立をするときには登記を行いますが、登記事項として設立日が記載されます。この設立日は、登記申請を行った日になります。

登記申請をすれば、登記が完了する日が指定され、その日以降に経営を始めることとなりますから、実際には登記が完了する日から営業開始となります。しかし、登記簿に記載される内容は、登記申請を行った日になりますから注意が必要です。ですから、特定の日付にこだわりがあるのなら、その日に登記申請を行わなければなりません。会社設立の登記申請はいつでもできるというものではありません。

まず、法務局が開いていなければなりません。法務局は土日や祝日は開いていませんから、この日に会社設立日を設定することは不可能です。また、営業時間も限られていますから、閉まっている時間帯に法務局に行っても、もちろん手続きは行ってくれません。時間には余裕を持っておくとともに、書類に不備がないようにして、確実に申請が受理されるように手続きを行いましょう。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *