Skip to content

会社設立の出資について

会社設立をするときには出資を受け入れることが必要となります。

株式会社の場合には、定款の認証を経てから出資を受け入れることになります。出資というと難しく聞こえるかもしれませんが、簡単に言えば資本金を払い込むことを指します。払込は銀行振込を用いるのが一般的です。銀行ではなくて信用金庫でも可能です。この時点ではまだ会社が設立されていませんから、会社名義の銀行口座はありません。ですから、個人の口座に振り込むことになります。

発起人の名義の口座を利用するのが一般的です。発起人が新たに口座開設をしても良いですし、すでに利用している工人口座を利用しても良いです。発起人の口座に現金が十分にある場合であっても、改めて振込をすることが必要となります。というのも、その現金が会社設立のためであるということを確認することができないからです。ですから、改めて振込を行うことが必要となるのです。

そして、登記申請をするときには、通帳のコピーを撮って、正しく振込が行われたことを証明することが必要となります。この際に注意しておかなければならないのは、定款の認証日以降にしなければならないことです。会社設立の手続きでは、定款の認証の後に資本金の払込が行われなければなりません。振り込んだ日付は通帳のコピーからわかりますから、誤っていれば登記申請を受け付けてくれないこともあり、その場合には改めて振込をしなければなりませんから、間違わないようにしましょう。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *