Skip to content

会社設立にあたってのデメリットも知る

いつかは自分の会社設立を叶えたい、そう願う起業家も少なくありませんが、近年の流れを見ると、新たに立ち上げられる会社の数よりも倒産していく会社の数の方が多いことが分かっており、会社を存続させていくことの難しさが顕著に表れています。

会社設立時には20万円ほどの費用と諸手続きが必要となりますが、この手続きに関してはすべてを代行してくれる会社が存在するので問題はありません。つまり意外と簡単に会社を作ることはできるけれども、それ故に簡単につぶれてしまうこともあるという事実を肝に銘じておく必要があります。

せっかく立ち上げた会社をつぶしてしまうような羽目にならない為にも、会社設立にあたってのメリットだけではなくデメリットもしっかりと理解をしておくことが大切です。事業内容によっては個人で十分行えるものも多く、わざわざ法人化する必要がないケースもありますが、前述したような代行サービスを行う会社の勧めもあって法人化した結果、経営難に陥ってしまったという起業家もいらっしゃいます。

株式会社となれば信用度はかなり高くなりますが、それに伴い多額の出費が発生します。これは当然ながら黒字、赤字に関係がないので、全く儲かっていないのにもかかわらず株式会社を存続させるだけで、色々な費用を支払っていかなければなりません。こういった内容をきちんと把握していないと、設立後にたちまち困窮してしまうことになりかねず、人生で大きな汚点を残してしまいます。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *