Skip to content

会社設立時の定款の記載事項

会社設立時の手続きのなかでも定款の作成は特に重要なもののひとつといえます。

この定款はこれから設立しようとしている会社の基本事項を網羅したものに当たり、その後に法律にもとづき設立登記を法務局で行うに当たっても、申請の際に添付しなければならないこととされています。会社設立時の定款に記載する事項にも約束事がありますので、もしもかならず必要とされる事項が定款のなかから欠けてしまった場合には、それだけで無効になってしまうことさえあり得ます。

会社設立時の定款の記載事項は大きくは絶対的・相対的・任意的記載事項の3つの種類に分かれています。このなかでも絶対的とあるのは定款のなかに必ず記載しなければならない事項のことです。これには会社の目的や商号、本店の所在地、設立に際して出資される財産の価額またはその最低額、発起人の氏名または名称および住所が該当します。相対的とあるのは効力を生じさせようとするにはかならず定款に記載しておなければならない事項のことを指しています。

これにもいくつかの項目が挙げられますが、たとえば現物出資をする人の氏名または名称、出資の目的となる財産およびその価額、その人に対して割り当てる設立時発行株式の種類と数などが挙げられます。最後の任意的記載事項ですが、これは定款の定めがなければ効力が生じない事項か、その他会社法の規定に違反しない範囲の事項を任意で記載することができることになっています。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *